FC2ブログ

空玉「銀の裏地」

こんばんは、今日はまた暖かな一日だった鹿児島です。
あんまり気持ちの良い陽気というのも困りますね。一日中眠かったです^^;
これからしばらくは睡魔との戦いになりそうですね・・・。困ったなぁ。

さてさて。
本日の作品もふんわりカラーリングで作ってみましたよ。
でも、ふんわりカラーだけでなく、強めのカラーも使用してのコラボ作品となっております。
「銀の裏地」
2020032320271512e.jpg
今回は寒色系のカラーでまとめてみました。
嵐の雲を上空から見下ろすようなアングルです。

どのへんが強い色合いかと言いますと、球体の底の部分ですね。隠し玉カラーが黒色となっております。
2020032320494991d.jpg
正面からはほんのり暗いかな?くらいですが、ころんと転がすと暗雲の雰囲気をお楽しみいただけるかなと思います。

蛍光灯の下でも。
20200323202716798.jpg
黒い紙の上ではなかなか渋い表情ですね~~(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

白い紙の上で撮影すると、爽やかな印象に変化します。
20200323202717964.jpg
今回は雲の造形に苦労しましたよ💦
淡い色あいで作る空玉さんの場合、何度も何層も着色と雲の造形を繰り返します。
手間のかかることこの上ない^^;

でも、苦労しながら雲と着色を繰り返していくと・・・。
20200323202718560.jpg
下からライトアップした時にとても幻想的な表情になるんですよね⁽⁽ ◟(灬 ˊωˋ 灬)◞ ⁾⁾
なんだかラピュタでもいそうじゃないですか♪

この空玉さんの名前「銀の裏地」はことわざです。
どんな暗雲であったとしても、雲の上には太陽が照っていて光が溢れている・・・
つまりどんな不幸なことにも良い面はあるはずだよ!!という意味合いです。
なかなかポジティブなことわざですよね^^
そんな空玉さんになりました。


しかし、いくつか薄色の空玉さんを制作してみて思った事。

( ^ω^)・・・

こ~~りゃ大変だ。
手間がかかるのはもちろんですが、レジン液の使い分けにも神経を使います。
いつも愛用しているのは清原レジンですが、パジコさんの星の雫とルスターグロスの艶も用途によって使い分ける必要があるんですよね。
というのも、清原レジンはやはり黄変が気になるので(´-`).。oO
普段のぱきっとカラーならそこまで気にならないですが、この空玉さんは薄色が肝ですからね。
出来るだけ黄変は避けたい!!
でも、私の制作工程には時間がかかるので星の雫オンリーだと、作業する先から卓上ライトの光で固まってしまうんです💦
なのでルスターグロス艶の出番ですね。
黄変への強さは星の雫といい勝負ですが、星の雫に比べて硬化スピードが若干緩やかなのでゆっくり作業出来るんです^^
ただ、なんとなくの使用感ですが、硬化した時の強度はそこまでかっちかちといきません。
それゆえ要所要所で星の雫や清原レジンを使い分けていきます。
なかなか大変だぜぃ💦

迫力ある雲の造形、淡い色の醸し出す自然な奥行き。
透明感を損なわないように気をつかいながら制作していくのは、かなり骨が折れますな_:(´ཀ`」 ∠):
個数作るとなると、なかなか眼精疲労がやばめです。
しかし出来上がった空玉さんの美しさを見ると、ひとりでニヨニヨしてしまいます( ´艸`)
ちょっとずつご紹介していきますね。
のんびりお待ちくださいませ~~。
  kao

ランキングに参加しています。よかったらぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村
皆さんの応援ぽちに感謝です。

コメント


トラックバック

GO TOP